スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレナ現る

その日、皐月、クラ、クリスはいつものようにまったりとした時間をすごしていた。

クラ「は~さちゅき~暇にゃ~なんかないのかにゃ?」
皐月「ん~そういわれてもな~ほら、こないだ買ったバイオハザード5でもやれば?」
クラ「あれはもういっぱいやったから他のがいいにゃ~。」
皐月「わがまま言うなよ~今月ちょっと金欠で新しいゲーム買えないんだよ。」
クラ「うにゅ~。」
クリス「そうですよ、ご主人様の言うとおり、お姉ちゃん少しは我慢して。」
クラ「うにゅ~暇なのにゃ~。」

皐月「クリス、なんとかならないの?」
クリス「ご主人様、これはクラお姉ちゃんのいつもの手段なんですよ、だまされてはいけません。」
クラ「だましてなんかないにゃ~。」

皐月「昔はどんな風にして遊んでたんだ?」
クラ「昔?どのくらい昔なのにゃ?1000年?2000年?」
皐月「うは、そうか妖精と人間じゃ寿命の概念が違うのか。」
クリス「そうですね~、私たちは1000年に1歳の感覚ですが、老いるということはありません。」
皐月「おお、そうなんだ。」
クリス「妖精は神の器なので、天界アースガルドでは本来の姿なのです。」
皐月「そう考えるとすごいよな。」
クリス「しかし、人間は寿命がある、短い時間だからこそ輝くことができるんです。」
クラ「眠くなるにゃ~。」
皐月「ああ、クラにはちょっと難しすぎたかな。」
クリス「も~クラお姉ちゃんたら。」

クリス「そういえば、アースガルドより使いの者がきてなんか封書をもらったんでした、まだ見てなかったですわ・・・。」
クラ「にゃ?なんだろにゃ。」
皐月「さぁ・・・。」
クリスは棚にしまってある封書を取り出して中の手紙を読む。
クリス「あら、アースガルドより使者が来るらしいですよ。」
皐月「お?それはいつなんだ?」
クラ「みゅ?」
クリス「えっと・・・え?今日です・・・。」
皐月「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
クラ「にゃ~~。」

すると突然、部屋の天井に四次元の穴が開く。
皐月「おおお、タイミングよすぎ。」
クラ「にゃ~。」
クリス「どうやらおいでなさったようですね。」

謎の声「まったく、変わってないわね、クラウディア。」
クラ「にゃ?誰にゃ?」
皐月「ん?」
クリス「あ・・。」

謎の声「幼馴染の声を忘れるってどうなの?」
クラ「にゃ、クレナにゃ~。」
皐月「ク、クレナ?誰なんだ?」
クリス「クレナ姫様、まさか・・・どうしてここに?」
クレナ「あっちの世界に退屈しちゃってね、噂でクラウディアがミッドガルドで楽しいことやってるって聞いたから、私もまぜてもらおうと思ってね、誤解しないで別に寂しかったわけじゃないんだからね。」
皐月「うは~典型的なツンデレのセリフ。」
クラウディア「久しぶりにゃクレナ姫。」
クリス「ご無沙汰いたしております。」
皐月「どういうことクリス?」
クリス「はい、クラお姉ちゃんと私の住む国とクレナ姫様の国は隣国でして、祖父母でつながっている、人間の関係でいえば又従姉妹にあたります。クラお姉ちゃんとクレナ姫様は同じ年にお生まれになり幼少の頃より親しい間柄なのです。」
クラウディア「昔はよく二人で遊んだのにゃ。」
クレナ「ふん、ってことで今日から私もお世話になるわ。ところでここは?」
クラウディア「ここがみんなの住まいにゃ。」
クレナ「は?これが?ベットも豪華なお風呂もお庭もないの?」
クリス「そうでございます。」
クレナ「冗談でしょ・・・。」
皐月「現実さ。」
クラ「でも、クラはここが大好きにゃ。」
クレナ「あぅ・・・。」
クリス「クレナ姫は大きな宮殿に住んでいて感覚がずれているのです、仕方ありません。」
クレナ「う~。」
クラウディア「クレナはこういうとこだめなのにゃ?じゃあここにはいられないにゃ~。」
クレナ「・・・。」
クラウディア「ここはさちゅきとクラの愛の巣なのにゃ。」
クレナ「さちゅき?」
クリス「はい、こちらが我々のマスター皐月様です。」
皐月「よろしく。」
クレナ「マスターって?ただの人間じゃない?」
クラウディア「そうにゃ、でも、クラとさちゅきは結婚してるのにゃ。」
クレナ「えええええ。冗談はやめなさいよ。」
クリス「嘘ではございませんクレナ姫。」
クレナ「そんな、私にも王子はいないのに・・・クラウディアに・・・。」
クラウディア「ふふふ~。」
クレナ「べ、別に悔しくなんてないんだからね・・・。」
皐月「めっちゃ顔に悔しいって書いてるような。」
クレナ「う、うるさいわね・・・。」
クラウディア「さちゅき~愛してるにゃ~。」
クレナ「ちょっと、やめなさいよ~。」
クラウディア「なんでにゃ?さちゅきはクラの旦那様だからいいのにゃ。」
クレナ「き~、こうなったら私もここに住み着いて王子様をみつけてやる~。」
クリス「あらら。」

はちゃめちゃツンデレ系のクレナがやってきて新たな物語が始まりました、今後とも宜しくお願いします。


IMG_0901.jpg

クレナ「なによ~こんだけ紹介しておいて1枚なの~ケチケチしてないでもっとだしなさいよ~男でしょ~。」

続きはまた今度・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

 皐月

Author: 皐月
【天然系ドジっ娘の妖精のお姫様】
Claudia(クラウディア)
【姉想いのメイド長】
Christie(クリスティ)
【ツンデレ姫】
Clena(クレナ)
【期待の新星】
Emmi(エミ)
【四季のフラワーマスター】
風見幽香(東方花映塚)
(当ブログはリンクフリーです)

十六夜咲夜の大きな懐中時計

まよねーず工場
最近の記事
最近のコメント
最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。