スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルール

CIMG7285.jpg CIMG7196.jpg 20070415083755.jpg


先日、店内を巡回中、なにをするわけでもないのに、椅子に座っている、遊戯用の椅子なので、遊戯されない場合は座ってはいけないのがルールなので、いつものようにどいていただくようにお願いしたところ。

父親と娘で、娘さんのほうが座っていたので、言ったら、父親がすごい勢いで文句を言ってきた、「他の店員は言わないのにお前にだけ3回言われた、ええ加減にせえ。」って・・・

自分は店のルールに従って言ってるし、あっちも2回も言われてるのに直さないほうがおかしいと思う、他に利用するような人がいなのでいいじゃないかと、「そうゆう問題ではございません。」と反論。

「うるさい!」と怒鳴られる

しばらくして、その父親が自分のとこに来て、「お前、オモテでろ。」とか言い出す、さんざん罵声を浴びせて表でろって、裁判してもええぞなどとも言い出して、そんなことしたらそのお客様が恥かくだけだし、まあ、うちも煽る発言があったかもしれないけど、いけないことを注意されて、それに逆上して訴えるとかかっこわるいと思う。

しかも、あろうことか、つねるなどの暴行をはたらいて帰っていきました、いい年した大人がかっこわるいと思います。

ルール、ルールといって縛ると余計納得いかない、知らないわけだし、もっと柔軟な対応が必要だったと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ルール、ということで・・・

先日、大規模な桜イベントで着ぐるんでいたところ、スカートをたくし上げるヤツがいました。
中身が男性であろうことは、体型等でほぼ明らかであっても、それ以上に明らかに犯罪ですよね。
こういう価値観をもつヤツは、明らかに女性を相手にしても、人権差別・犯罪行為を繰り返すのだと思う(証拠はなくても、思う)

当たり前のルールが守れないヤツを、(たまには失敗したとしても)普通の人間にしてあげるために、それなりに行動する必要があるのではないか、と思う、今日この頃。
人と触れあえないヤツは、一人で生きていく権利があるのだから、どこかにいけばいいし、みんなと過ごしたい(あるいは、その環境のメリットを享受したい)なら、ルールを守るのが当たり前。
子ども達を中心に、成長過程にある者への、適切な指導はみんなの責任なのではないかなぁ。
相手が、100歳を越える人であっても、足りない面があれば、気づいた人が、適切に、手を貸してあげることで、よりよい人間性を身につけられるようにしてあげることをためらってはいけないのだと思う。

・・・思うのだけれど、実際に、行動できるかというと、なかなか難しいのが世の中の常。
・・・自分も成長途上(一生そうなのだと思うけれど)なので、言葉で言うほど簡単に行動に移すことはできないのですよね~。

でも、何かが足りない世の中には、何かが必要なのだと思う毎日・・・。
がんばりましょうね。

あきたなさん>

いつも長文ありがとうございます、それにふさわしいレスかえせなくてすみません。

人と接する以上、社会で生活する以上、決まりごとには最低限したがわなければならないと思います。

みんなが楽しむ場でそういった自分勝手は許されないと思います。

責任者からは、以後このようなことのないよう、もう少し別のやりかたがあるといわれました、まだ、経験が少ないために対応力が欠落しているのだみたいな。

今後また、いろいろあるとは思いますががんばります

責任者のいう「別のやり方」とは、
たいていの場合、「見て見ぬ振りをしろ」ですね。

そういう対応法も必要ですが、根本的な解決にはなりませんから、次から次に同様の(もっとひどい)状況を生むことになりかねませんよね。
ただ、目の前のトラブルは避けられるので、周りの人に目立ちませんから、お客を相手にする商売では、ある意味、基本になるのかもしれません。

問題は、放置しておいていいのか、という疑問をもった人間が、一人苦しむことを繰り返してしまうことなのですよね・・・。
「気にしない」は、自分の感性を落とすだけだし~。
FC2カウンター
プロフィール

 皐月

Author: 皐月
【天然系ドジっ娘の妖精のお姫様】
Claudia(クラウディア)
【姉想いのメイド長】
Christie(クリスティ)
【ツンデレ姫】
Clena(クレナ)
【期待の新星】
Emmi(エミ)
【四季のフラワーマスター】
風見幽香(東方花映塚)
(当ブログはリンクフリーです)

十六夜咲夜の大きな懐中時計

まよねーず工場
最近の記事
最近のコメント
最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。