スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クラとクリスはいつも仲良しです

IMGP1472.jpg

クラ「クリス~かわいいにゃ。」
クリス「クラお姉ちゃんもね。」
スポンサーサイト

ちびクリス



クリス「ご主人様・・・私・・・ちっちゃくなっちゃった・・・。」
皐月「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」

IMG_1008.jpg

皐月「でも、かわいいから許す。」
クリス「ありがと~。」

IMG_5383.jpg

クレナ

PICT0005.jpg

クリス&綾美ちゃん



リンク追加

きぐるみぶもん

クレナと花





クレナ「ご機嫌いかがかしら?」
IMG_1003.jpg

クレナ&凛ちゃん

お出かけレポ

IMG_0933.jpg

IMG_0947.jpg

こちょこちょ・・・

クレナ「あ・・・また・・・なにしてるのよ~。」

IMG_0948.jpg

クレナ「はぁ~まったく・・・。」

IMG_0951.jpg

わこちゃんと霊夢

IMG_1042.jpg

夏美ちゃん

ゲストイン2

IMGP1622.jpg

クラウディア「今日はクラからゲストを紹介するにゃ。」

IMG_0390.jpg


リンク追加

Boy like a girl

ゲストイン

IMGP1576.jpg

クリス「今日は綾美ちゃんが来てるのよ。」

IMG_1615.jpg

明日は誰がくるのかなw

C3ガールズ集結

cla02.jpg

C1・・・クラウディア「にゃにゃ~~ん」

IMG_0309.jpg

C2・・・クリスティ「はいは~い」

IMG_0935.jpg

C3・・・クレナ「別にそんなんじゃないんだからね・・・。」


3つのCがアバンに集結!!今年のAVANは一味違う?www


ちょっと一息



こんなクリスはいかがかですかなw

後日また追加の画像がありますよ~今日は一息の一枚です。

春のおとずれ

IMG_0334.jpg

クラ「にゃにゃん。」
皐月「ん?どうしたご機嫌じゃないか。」
クラ「うにゃん、とっても暖かくなってきたにゃ。」
皐月「そうだね、クラに帽子をあげよう。」

IMG_0337.jpg

クラ「にゃにゃ~んかわいいにゃ~。」
皐月「ん?なんか足りないな、ああ。」

clau01.jpg

クラ「やっぱり手袋がいるのにゃ。」
皐月「そうだな、その手袋あってのクラだもんな。」

四国遠征2

四国遠征1日目レポその2

IMG_0902.jpg

あいにくの雨
クレナ「ついてないわね・・・こんなときに・・・。」

IMG_0905.jpg

クレナ&綾美ちゃん

IMG_0908.jpg

わこちゃん、夏美ちゃん、綾美ちゃん、クレナ

↑」リンクしてますので見に行ってみてねww

四国遠征

昨年同様に今年もこの時期に四国の香川県にある与島というところに行きました。

前回はあきたなさん、沙夜香さん、皐月だけでしたが、今年はよっき~さん、jyukiaさんを加えた5人編成でいきました。

あいにくの雨でお外での写真はほとんどないのですがその一部を公開します。

PICT0007.jpg

クレナ「こ、こらやめなさいよ・・・私はクラウディアとは違うのよ・・・そんなんじゃ・・・。」

clrena01.jpg

あらら・・・いたずらされてるし・・・。

IMG_0903.jpg

最後は綺麗にさいたお花と一緒に

明日もあるよ!!

連絡

一部リンクがきれているとこがありましたのでつながらないリンクは削除させていただきました、あしからずご了承くださいませ。

クリスの戸惑い?

クリス「あの・・・マスター?」
皐月「ん?なんだいクリスあらたまって。」

クリス「いえ、たいしたことではないんですが聞いてほしいことが・・・。」
皐月「遠慮しないでいってごらん。」

クリス「はい・・・マスターはどっちの私が好きですか?」
IMGP1592.jpg

皐月「ん?どういうことだい?」

クリス「選んでほしいです。」

IMGP1613.jpg

クリス「この青い瞳か。」

IMGP1575.jpg

クリス「従来の紫か・・・。」

皐月「そっか、どっちもかわいいよ、それにどっちもクリスにはかわりないだろ選ぶまでもないさ。」

クラとティッシュ

IMG_1250.jpg

皐月「は・・・ハクション、うう。」
クラ「みゅ?どうしたのにゃ?」

皐月「いや・・・もう4月だっていうのに花粉症がひどくてね・・・。」
クラ「かふんしょー、妖精はそんなのにはかからないにゃ。」

IMG_1253.jpg


皐月「ええ~いいな~、うらやましいよ・・・はくしょん!!」
クラ「鼻水でてるにゃ、このクラ特製ティッシュをつかってにゃ。」

皐月「おお、偶然の産物とはいえすごいな、スペルは違うけど。」

クレナ現る

その日、皐月、クラ、クリスはいつものようにまったりとした時間をすごしていた。

クラ「は~さちゅき~暇にゃ~なんかないのかにゃ?」
皐月「ん~そういわれてもな~ほら、こないだ買ったバイオハザード5でもやれば?」
クラ「あれはもういっぱいやったから他のがいいにゃ~。」
皐月「わがまま言うなよ~今月ちょっと金欠で新しいゲーム買えないんだよ。」
クラ「うにゅ~。」
クリス「そうですよ、ご主人様の言うとおり、お姉ちゃん少しは我慢して。」
クラ「うにゅ~暇なのにゃ~。」

皐月「クリス、なんとかならないの?」
クリス「ご主人様、これはクラお姉ちゃんのいつもの手段なんですよ、だまされてはいけません。」
クラ「だましてなんかないにゃ~。」

皐月「昔はどんな風にして遊んでたんだ?」
クラ「昔?どのくらい昔なのにゃ?1000年?2000年?」
皐月「うは、そうか妖精と人間じゃ寿命の概念が違うのか。」
クリス「そうですね~、私たちは1000年に1歳の感覚ですが、老いるということはありません。」
皐月「おお、そうなんだ。」
クリス「妖精は神の器なので、天界アースガルドでは本来の姿なのです。」
皐月「そう考えるとすごいよな。」
クリス「しかし、人間は寿命がある、短い時間だからこそ輝くことができるんです。」
クラ「眠くなるにゃ~。」
皐月「ああ、クラにはちょっと難しすぎたかな。」
クリス「も~クラお姉ちゃんたら。」

クリス「そういえば、アースガルドより使いの者がきてなんか封書をもらったんでした、まだ見てなかったですわ・・・。」
クラ「にゃ?なんだろにゃ。」
皐月「さぁ・・・。」
クリスは棚にしまってある封書を取り出して中の手紙を読む。
クリス「あら、アースガルドより使者が来るらしいですよ。」
皐月「お?それはいつなんだ?」
クラ「みゅ?」
クリス「えっと・・・え?今日です・・・。」
皐月「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
クラ「にゃ~~。」

すると突然、部屋の天井に四次元の穴が開く。
皐月「おおお、タイミングよすぎ。」
クラ「にゃ~。」
クリス「どうやらおいでなさったようですね。」

謎の声「まったく、変わってないわね、クラウディア。」
クラ「にゃ?誰にゃ?」
皐月「ん?」
クリス「あ・・。」

謎の声「幼馴染の声を忘れるってどうなの?」
クラ「にゃ、クレナにゃ~。」
皐月「ク、クレナ?誰なんだ?」
クリス「クレナ姫様、まさか・・・どうしてここに?」
クレナ「あっちの世界に退屈しちゃってね、噂でクラウディアがミッドガルドで楽しいことやってるって聞いたから、私もまぜてもらおうと思ってね、誤解しないで別に寂しかったわけじゃないんだからね。」
皐月「うは~典型的なツンデレのセリフ。」
クラウディア「久しぶりにゃクレナ姫。」
クリス「ご無沙汰いたしております。」
皐月「どういうことクリス?」
クリス「はい、クラお姉ちゃんと私の住む国とクレナ姫様の国は隣国でして、祖父母でつながっている、人間の関係でいえば又従姉妹にあたります。クラお姉ちゃんとクレナ姫様は同じ年にお生まれになり幼少の頃より親しい間柄なのです。」
クラウディア「昔はよく二人で遊んだのにゃ。」
クレナ「ふん、ってことで今日から私もお世話になるわ。ところでここは?」
クラウディア「ここがみんなの住まいにゃ。」
クレナ「は?これが?ベットも豪華なお風呂もお庭もないの?」
クリス「そうでございます。」
クレナ「冗談でしょ・・・。」
皐月「現実さ。」
クラ「でも、クラはここが大好きにゃ。」
クレナ「あぅ・・・。」
クリス「クレナ姫は大きな宮殿に住んでいて感覚がずれているのです、仕方ありません。」
クレナ「う~。」
クラウディア「クレナはこういうとこだめなのにゃ?じゃあここにはいられないにゃ~。」
クレナ「・・・。」
クラウディア「ここはさちゅきとクラの愛の巣なのにゃ。」
クレナ「さちゅき?」
クリス「はい、こちらが我々のマスター皐月様です。」
皐月「よろしく。」
クレナ「マスターって?ただの人間じゃない?」
クラウディア「そうにゃ、でも、クラとさちゅきは結婚してるのにゃ。」
クレナ「えええええ。冗談はやめなさいよ。」
クリス「嘘ではございませんクレナ姫。」
クレナ「そんな、私にも王子はいないのに・・・クラウディアに・・・。」
クラウディア「ふふふ~。」
クレナ「べ、別に悔しくなんてないんだからね・・・。」
皐月「めっちゃ顔に悔しいって書いてるような。」
クレナ「う、うるさいわね・・・。」
クラウディア「さちゅき~愛してるにゃ~。」
クレナ「ちょっと、やめなさいよ~。」
クラウディア「なんでにゃ?さちゅきはクラの旦那様だからいいのにゃ。」
クレナ「き~、こうなったら私もここに住み着いて王子様をみつけてやる~。」
クリス「あらら。」

はちゃめちゃツンデレ系のクレナがやってきて新たな物語が始まりました、今後とも宜しくお願いします。


IMG_0901.jpg

クレナ「なによ~こんだけ紹介しておいて1枚なの~ケチケチしてないでもっとだしなさいよ~男でしょ~。」

続きはまた今度・・・

友達紹介3

DSC_0864.jpg


DSC_0859.jpg

クレナ「最後は私から紹介するわね、この子はまことさんのとこの綾音ちゃんよ、勘のいいみんなにはわかると思うけど先日紹介した綾美ちゃんの妹さんになるの、この私が教えたんだから忘れないわよね?」

友達紹介2

IMG_0560.jpg

IMG_0565.jpg

クリス「今日は私から紹介するね、金髪がさえる眼鏡のお姉さんはレオさんとこのメイドさんのリリィちゃんですよ~、スタイル抜群でうらやまししいわ~。」

お友達紹介

IMG_1611.jpg


IMG_1762.jpg


クラウディア「今日はクラのお友達を紹介するにゃ、Jyukiaさんとこの綾美ちゃんなのにゃ、蒼い髪がとってもきれいなティオ系のお嬢様なのにゃ。」



更新再開

司会「レディースアンドジェントルメーン、ボーイズアンドガールズ。大変お待たせいたしました、本日よりDoll Club Avanは更新を再開いたします。まず最初は当クラブの代表でもあるクラウディア嬢から皆様にご挨拶をさせていただきます、それではクラウディア嬢さんよろしくお願いします。」

IMG_0381.jpg

クラウディア「みんにゃ~元気だったかにゃ?クラは元気にしてたのにゃ~、これからまたがんばるから応援よろしくなのにゃ。」

司会「ありがとうございます、それでは続きまして1月まで着ぐhimeブログで活躍されていた、副主任のクリスティ嬢さんからもご挨拶をお願いします。」

IMG_0314.jpg

クリスティ「はいは~い、私もまたこのアバンでがんばっていきますので、皆さん応援宜しくね。」


司会「さて、この春より新しく登場するキャラクターを紹介しま・・・うわ。」

クレナ「早く紹介しなさいよ・・・まったくロノマなんだから。」

IMG_0932.jpg


クレナ

PICT0021.jpg

クレナ「ふん、私を待たすなんて・・・みなさんごきげんよう、私はクレナ、よろしくね。」

司会「波乱の予感・・・さて、次回はクレナ登場のお話をお送りします。」

お知らせ2

更新再開のお知らせ

今月より更新を再開いたします。3ヶ月間更新していないにもかかわらず数多くのお客様が訪れていただきおかげさまで11万ヒットに到達いたしました。

今月4月11日に更新を再開いたします。

もうしばらくお待ちくださいませ。
FC2カウンター
プロフィール

 皐月

Author: 皐月
【天然系ドジっ娘の妖精のお姫様】
Claudia(クラウディア)
【姉想いのメイド長】
Christie(クリスティ)
【ツンデレ姫】
Clena(クレナ)
【期待の新星】
Emmi(エミ)
【四季のフラワーマスター】
風見幽香(東方花映塚)
(当ブログはリンクフリーです)

十六夜咲夜の大きな懐中時計

まよねーず工場
最近の記事
最近のコメント
最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。